扇子販売店

履歴 TOPへ

オリジナル扇子単価<価格表2017>

2017年オリジナル扇子価格

*2017年度価格表

10ズバリ!この総額になります。自分で計算してください


オリジナル製作については、見積もり不要の総額を「本数×単価」で計算をお願いします。

納期については決断が早く決定できる部分があれば、業界最短(20日)で対応可能な場合もあります。

<関連記事 ぜひお読み下さい>

扇子のオーダーメイドについて一言


 

<2015年オリジナル扇子一覧>

2015smpl

 

<2015年3月21日>

両面紙印刷の場合の仕様や見方について書きました。「両面紙扇子の仕様について」

http://www.sensushop.jp/news/4452.html

予算があり高級感を出したい方などはぜひお読み下さい。 

 

<2014年7月28日追加>

今年の夏に制作したオリジナルの扇子の画像と内容になります。まずは紙扇子のタイプになります。

resize_P1460013 resize_P1460016 resize_P1460018 resize_P1460026 resize_P1460028 resize_P1460029 resize_P1460069 resize_P1460070 resize_P1460073

 

次に布タイプになります。

国内で布地にフルカラー印刷をします。
それを海外でセットアップして納品。
データ入稿から納品書までエアー便で対応。最短納期4週間にて!

■布のイメージ画像

f12sample01 f12sample02

 布地のデザインはメーカーから許可を得て掲載させて頂いています。参考まにでご覧下さい。

 

resize_P1460021 resize_P1460022 resize_P1460023 resize_P1460034 resize_P1460036 resize_P1460038 resize_P1460040 resize_P1460044 resize_P1460046

2014年のオリジナル扇子制作については、それなりに「短納期対応」が出来ました。

データもしっかりとありましたが、内容的には当店で制作したものもあり、生産工場との関係もうまくできていたと思います。結果、見事な扇子制作が出来ていると感じています。お客様もそれほどクレームを言うこともなく、本来ならトラブルも1度ありますが、今回は大きなトラブルもなく綺麗に出来上がりました。 

 

<2013年オリジナル扇子一覧>

2013original

 

<2014年4月18日追加>

本体のサンプルが見たいという要望があります。当店のサンプルで該当するものがあります。ただし、在庫があればよいのですが、無い場合もあり、このため動画にてご提案します。まずは動画をみて品質などを簡単ですがご確認お願いします。

その他、撮影した画像もありますので、これで少なからずわかると思います。白竹扇子仕様になります。

完成白竹オリジナル扇子 表

完成白竹オリジナル扇子 裏

完成白竹オリジナル扇子 表

完成白竹オリジナル扇子 裏

 

<2014年4月16日追加>

消費税後、単価表が「税込」かどうかわかりずらいため、再度、単価一覧表を変更します。現在はこちらの単価となります。その他、質問などにて追加します。

質問1:納期はどのくいら?

サンプルがあれば20日間。その後、40日が製造日。合計60日がメインとなります。納期を短くしたい場合はサンプル無しであれば、40日後に納品。サンプルは製作しませんが、メールにて画像確認は1回あります。

質問2:サンプル代は?

サンプル代は21600円となります。

質問3:仕上がり状態は?

サンプル画像は、こちらをクリックしてください。ポリエステルのフルカラーがメイン品となっています(シルク扇子ではありません)。化粧箱は黒箱。工場によって違いますので、そのごと確認。竹は「白」「すす」「黒」の中から選べます。

 

 

2014年、オリジナル扇子発表です。(2014年3月14日公開)

お待たせしました。2014年のオリジナル扇子単価価格表です。

あちこちの生産工場へ問い合わせて、ある程度の品質がよくできる状態でのご提案。なるべく安く提案していので、時間がかかりました。

今回は2社協同となりますので、少し仕様が変わる可能性がありますが、それなりにしています。

 

「いくらになるの?」

という問い合わせが多く、結構公開しない「非公開単価」が多いのですが、これが「最低単価」という点でご理解下さい

逆にこれから上がる可能性もありますので、その対応となります。ご理解お願いします。

 

これは単価を上げたくて上げるのではなく、新しい対応と忙しさがあり、それほど整っていない感じです。

だからこそ安く出来る部分もありますので、それ相当の感じがあります。

 

今回、赤文字の単価がありますが、これが特価になります。

これがこのサイトの競争力とも言える感じですね。

 

全体的に感じた部分としては、日本の生産メーカー同士でも競争がありますからね。

単なる安さだけだと。やっぱり品質や安定。その点が必要不可欠なのです

この点をもっとアップして対策していきたいですね。

 

これで2014年の扇子販売店としての流れはほぼ決まりであり、あとは待つだけになりました。

 

<2014年4月追加>

この単価で「製作してもいいかなぁ」と思ったからはこちらへ。

http://www.sensushop.jp/2012fullcolor.html

フルカラーの名入れサンプルがありますので、サンプル製作画像をみてるのが良いでしょう。基本はサンプル製作はしないでそのまま製作が多くなります。

<オリジナル扇子、フルカラーポリエステル扇子、完成画像一部>

オリジナル扇子画像

オリジナル扇子画像

オリジナル扇子画像

オリジナル扇子画像

オリジナル扇子画像

オリジナル扇子画像

2016年5月17日